坂田たかのり 公式ホームページ



















後援会事務所 アクセス

〒649-6215
岩出市中迫157-2
Tel :0736-69-5570
Fax:0736-65-5580
Eメール:info@sakatatak
    anori.com


政策(論点の考え方)

政策(論点の考え方)

坂田たかのりは、特に地方と中小企業に重点をおいた政策の実現を目指してまいります。

経済産業省の定量分析によりますと、鳥取県倉吉市の年収500万円に相当するのが東京では年収1100万円になるそうです。地方では当たり前の家族4人で100平米の家に暮らす生活をしようと思えば倉吉市では500万円かかるところ、東京では1100万円かかってしまうということです。

逆に言えば、地方の所得があと50万円、100万円上げることができれば、かなり格差は是正され多くの皆様に豊かさを実感していただけると思います。そしてそれは、地方から都市部への人口の流れも変わっていき、少子化対策にもなると考えます(少子化の一因は特に20代30代の女子が生活にお金がかかる都市部に流れていることによっている)。

もちろん、自由主義を尊重いたしますが、政治本来の使命を放棄することなく、分厚い中間層を復権させるための施策の実現を目指します。互いを認め合い、支え合う社会を実現させるためにも、発注単価を上げていくことを支援していく仕組みを税制面や金融面で構築していくことに挑戦したいと思っております。現在は中所得者と低所得者の絆が分断され、高所得者に有利な政策だけがどんどん進められていますが、地方に分厚い中間層をもう一度作っていくことにより皆がお互いを尊重し合い、皆が豊かさを実感できる社会をつくります。


「豊かな社会を築きます」

●円滑な中小企業金融の確立と中小企業対策予算の増額を目指します。
(単に大企業が子会社を使って焼け太りしないように注意しながら、下請けいじめをさせないようにもいたします。)

●地域の若者の正規雇用の拡大と所得の向上、安心安全な労働環境をつくります。
(企業のブラック化が健全な経済成長の障害となります。きめられたルールのもと、成長を労使ともに分かち合う社会を目指します。零細企業等において、やむを得ずブラック化に追い込まれている事態に対しては、健全に廃業し転業できる仕組みを整えていきます。)

●和歌山の宝である農林水産業を次代に誇りを持って引き継いでいただけるよう、安心して従事していただけるよう、支援してまいります。
(例えば農業ならば果樹などが多いというように、全国一律で考えるのではなく、和歌山県の特徴を十分に踏まえて現場の声を聴いてまいります。)


「やさしい社会を築きます」

●社会保障の充実で格差を解消し、共生社会の実現をめざします。高齢者や障がい者(児)にやさしい社会を築きます。
(国家財政が逼迫している現状でありますが、いろいろな人がそれぞれ輝くことができる社会システムは維持させていきます)

●結婚、出産、子育て、教育などの支援で若者が希望を持てる社会をつくります。
(地方と中小企業とともに特に教育には力を入れます。教育に投資することは未来の納税者を育てることにつながります。その意味では財政法を精査し財源として教育国債の導入も検討したいと考えています。※現在は建設国債のみが認められている)


「現実的な国防体制で日本国を守ります」

●冷戦構造下で自民党三木内閣が進めた基盤的防衛力構想からポスト冷戦時代に対応すべく動的防衛力構想に転換したのは民主党野田内閣です。第189回国会で強行採決された「安全保障関連法案」では実は今の日本の国防で一番重要である離島防衛についての法案はありません。現実的効果的な国防政策を推進します。


「日本国憲法を順守し、立憲主義、平和主義を貫きます!」

●政治で一番大切なのは「信」であります。象徴天皇制のもとで議院内閣制がとられている日本国の政体を守り、積み重ねてきた伝統や法的安定性を大切にしながら、立憲主義に基づく信義ある政治を行います。平和主義に関しては、先輩方の多大な犠牲のもとに確認されたことを今一度受け止めて、人類史において日本が世界に先駆けてリードしていくべきメッセージであることを皆様とともに確認したいと思います。